BIOGRAPHIE / BIOGRAPHY / 略歴                                                                         
   
Né à Nice 1934, originaire de Saint Paul de Vence, Henri Baviera travaille et vit actuellement à Lorgues dans le Var.

Très jeune fréquente l'École Trachel de Nice, étudie la peinture, le dessin, la gravure pendant trois ans. Puis dans les années 50, poursuit la peinture et la gravure à St Paul, sous l'œil expérimenté d'artistes confirmés tels que Manfredo Borsi, Elmiro Celli et bien d'autres.

De 1960 à 1963, séjourne à Paris, fréquente la plupart des académies de peinture ainsi que l'atelier Calavaert-Brun où il va enrichir sa technique et ses connaissances de la gravure. Retourne à St Paul où il a son atelier de gravure et de peinture et peu à peu s'éloigne de la figuration première pour une phase minérale 1962-1966, puis schématique 1968-1975, onirique ensuite 1978-1987.

À partir de 1988 ses compositions témoignent d'une abstraction à la fois plus épurée, architecturale et métaphysique. Les années 2000 voient la couleur et la texture affirmer une énergie nouvelle dans une expression personnelle du monde vivant.

Depuis 1950, plus de trois cent cinquante expositions personnelles et collectives ont fait connaître son œuvre en France et à l'étranger : USA, Canada, Japon, Allemagne, Italie, Danemark, Belgique, Suisse, Hollande, Brésil, et en participant aux principaux Salons Internationaux d'Art contemporain: Paris, Bâle, Londres, Los Angeles, New York, Tokyo, Yokohama, Gand, Montréal, Francfort, Genève, Bologne, Nice. En outre, des séjours d'études et de recherches ont eu lieu en Europe, Canada, USA, Amérique du Sud, Japon.

À la peinture, son activité majeure, s'ajoutent celles de la gravure, mosaïque, vitrail, sculpture, céramique, collages, installations diverses, polyesters etc. . En 65 commence à pratiquer son nouveau procédé de gravure: la "polychromie-relief ".

Réalisations dans des espaces publics: mosaïques (Valbonne), peintures murales (Théoule et Marseille), fontaine (Gardanne), panneau céramique (Mandelieu), panneau polyester (Genève). Auteur d'un "environnement pénétrable " pour l'ORTF en 1968, utilisé comme décor du show télévisé de Michel Polnareff, "Un jour à St Paul de Vence".

Quitte Saint Paul de Vence et ouvre son nouvel atelier à Nice en 1986. Voyages régulières au Japon, depuis 1990, où il expose fréquemment.

En 2001-2002, Japan Foundation lui accorde une bourse de recherche de quatre mois au Japon, dédié à l'étude du papier traditionnel (washi) et son usage dans la gravure contemporaine, d'où son projet de réaliser des gravures "polychromie-relief" sans utilisation d'une presse. Plusieurs livres d'artistes sont nés de rencontres avec ses amis poètes comme Bernard Noël, Françoise Armengaud, Michel Bohbot, Gilbert Casula, Jacques Kober, Claude Haza, Alain Freixe, Claude Gallot, Béatrice Machet, Bruno Mendonça, Marcel Migozzi, Philippe Chartron, Françoise Serreau, André Verdet, Daniel Leuwers, Raphaël Monticelli ….

Installé complètement à Lorgues depuis 2002, au milieu de la nature, il poursuit son travail, insensible aux modes et courants établis.

     
A native of Saint Paul de Vence, he currently works and lives in Lorgues (Var). He started studying very early at the Ecole Trachel in Nice, where he studied painting, drawing, engraving for three years.
Then in the 50's he returned to St. Paul where he settled down in order to develop his painting and engraving, under the eyes of artists as Borsi, Celli and many others.

From 1960 to 1963, he spent several years in Paris, attended most of the academies of painting as well as the Calevaert-Brun workshop where he improved his technique and his engraving knowledge.
He went back to St Paul where he had his studio of engraving and painting and little by little moved away from the first representation of a mineral phase 1962-1966, then schematic 1968-1975, and then dreamy 1978-1987.
From 1988 on, he developed compositions of an abstraction at the same time refined, architectural and metaphysical. The 2000's sees the color and the texture asserting a new energy in a personal expression of the living world.

Since 1950, more than three hundred and fifty personal and collective exhibitions have been making his work known in France and abroad: USA, Canada, Japan, Germany, Italy, Denmark, Belgium, Switzerland, the Netherlands, Brazil, ... and by participating in the main International Contemporary Art Fairs: Paris, Basel, London, Los Angeles, New York, Tokyo, Ghent, Montreal, Bologna, Frankfurt, Geneva, Nice, Yokohama, Paris, etc... to which are added study stays and research travels in Europe, Canada, USA, South America, Japan.

Painting, his major activity, is accompanied by different practices: engraving, mosaic, stained glass, ceramics, polyester and sculpture.
In 1965, he began his new process of engraving: "polychrome relief".
He carried out works in public spaces: mosaic (Valbonne), murals (Théoule and Marseilles), fountain (Gardanne), ceramic panel (Mandelieu), polyester panel (Geneva).

Author of a "environnement pénétrable " for the French Television (ORTF) in 1968 used as a set for Michel Polnareff's television show, "Un jour à St Paul de Vence".
In 1986, he left Saint Paul and opened his new studio in Nice.
Since 1990 he goes often to Japan where he frequently exposes.
In 2001-2002, Japan Foundation gave him a research grant of four months in Japan, dedicated to the study of the traditional paper (washi) and its use in the contemporary engraving, due to his project to carry out "polichromie-relief" engravings without the use of a press.

Several artists' books were conceived from the meeting with his friends, poets such as Andre Verdet; Bernard Noël, Françoise Armengaud, Gilbert Casula, Jacques Kober, Bruno Mendonça, Claude Haza, Alain Freixe, Claude Gallot…

Then he completely settled down in Lorgues in the middle of the nature, where he pursues his work, insensitive to trends and to pre-established currents.
     
アンリ・バヴィエラは、サン・ポール・ド・ヴァンスの出身の画家、版画家。1934年生。

父はイタリア、シラクサ、母は サン・ポール・ド・ヴァンスの旧家の出。4歳のとき、肺炎を患うが奇跡的に生還。その後、父親との離別、ドイツ軍のフランス占領などの出来事を経験する。彼の作品の特徴は、人間の精神的な葛藤と、自然という二つの要素の対照と調和であるが、それは幼少期の体験と、故郷の自然の美しさに負うところが多い。
3年間、ニース・トラシェル美術学院において、絵画、デッサン、版画、彫刻等を学び、1948年、14歳のとき、最優秀デッサン賞を受け、翌49年にサン・ポールにアトリエを開く。以来ここで マンフレッド・ボルシ、ヴェルデ、ドゥファン、エルミリオ・チーリ、キーノ、ポール・ルー、セリ、サミヴェルらと親交を得る。
その後、スペイン、パリ、イタリア、ブルターニュ、プロヴァンス各地、モロッコ、 ベルギーに遊学。1957年にはサン・ポール・ド・ヴァンスで、この地方最初の版画アトリエを開く。

1960年、パリに赴く。このときカラヴァエール=ブランのアトリエで版画に強く魅了され、ここに63年まで滞在。パリでは技術の研鑽に専念するとともに、ルルサ、ゲッツ、ミオット、アルトゥング、アトラン、ジェンキンス、アルマン、セザールなどの画家、版画家と交友を深めている。
1964年には、それまでの具象中心のテーマを鉱物に転換する。ここで生まれた発想はさらに、プラスチック、松脂、光を使う手法へと展開し、メッセージ性を高めていく。
1964年、母の死が期となり、生物や自然の外観観察に没入する。これはさらに、ステンドグラス、壁画、モザイク、リトグラフ、レリーフを融合した、図式の様式を熟成させることになる。チニ、ヴュ・カオ・ダン、ドウファンらとともに、サン・ポール・ド・ヴァンス美術館の設立に参画するのもこの時期である。
一方では、彼は従来の版画表現に物足りなさを感じて模索していたが、65年、当時の版画手法の常識を破る発想の閃光を得る。下地となるプレート版を彫るのでなく、逆にプレートに塗布剤を塗り足して凸凹状の面をつくり、これを多色の版画インクで刷るのである。絵画と版画とレリーフ要素の融合したこの新技法は、後に「ポリクロミー・レリーフ」と命名され、以降、彼の版画制作の中心となって行く。

  68年に起こった社会運動も、制作に大きな影響を与える。作品はさらに社会性の強いものとなる。ヴァルボンヌのモザイク壁画、マルセイユなどの壁画、ガルダンヌの噴水、モンダリューのセラミック標識、ジュネーヴのポリエステル標識などの公共施設で制作された作品には、抽象的な表現の中に、痛烈な社会批判を見て取ることができる。
同年、フランス放送協会はバヴィエラを舞台制作者として起用する。ミシェル・ポルナレフ主演のテレビショー 「サン・ポール・ド・ヴァンスの夏」で使われた、多色プラスチック・オブジェの間を出演者が行き来する装置というアイデアは好評を博する。その後、この趣意を発展させてローマなどイタリア各地で個展を、 2年後にはパリのラテイエ展を開催し、大きな反響を得る。

  72年の夏にはサン・ポール・ド・ヴァンスのアトリエの庭で、野外展覧会「ジャルダン・デクスポジション」を開催。これは、50人以上の若手アーティストを集め、10日間その場で作品制作を行わせるという画期的な催しであった。
  ところが思いがけなくもアトリエが破産。芸術活動の中断を余儀なくされる。4年後、再び制作に戻るが、手法も様式も180度転換する。題材は夢幻の世界に求められ、より内なる無意識の境地を目指すものとなる。
  79年、ブラジルに赴く。ブラジルとの邂逅は芸術の理念を確信させる衝撃的な出来事であった。89年、再びブラジルに渡った彼は、ここで妻となる女性を娶り、私生活でも転機を迎える。フランスに戻ると、ニースの版画アトリエに加えて、86年にはプロヴァンスに絵画アトリエをつくり、新生活を開始する。

90年、ニューヨークのモラン・マイヤーでの個展後、東京に招待される。異郷の違和感に戸惑いながらも、日本文化に強く魅了される。2001年から翌年にかけては、国際交流基金の招きで来日。4ヶ月間にわたって、版画素材としての和紙の研究と研修を行い、日本各地の和紙の生産地を訪れ研鑚を積む。
1950年以降、バヴィエラは、フランス、アメリカ、カナダ、日本、ドイツ、イタリア、デンマーク、ベルギー、オランダ、ブラジルの主要都市で 350回以上の展示会を開いている。1990年以降は、繰り返し日本を訪れ、展示会を開いている。
知己の幅は非常に広い。特にアンドレ・ヴェルデ、ベルナール・ノエル、フランソワーズ・アルマンゴー、ジルベール・カシュラ、ジャック・コベール、ブリュノ・モンドンサ、クロード・アザ、アラン・フレックス、クロード・ガロとの絆は強く、制作活動を鼓舞している。
バヴィエラの作品は絵画を主軸に、版画、彫刻、モザイク、壁画、コラージュなど、多方面にわたる。 テーマも具象・夢幻・抽象と、自在である。独特の色使いの画のどこかには、断層や亀裂がつくられている。それは、その裂け目の奥底に潜む人間の情念をあぶり出し、生命の源と人の心という対比を喚起するものある。これはかつて批評家によって「バヴィエラの窓」と呼ばれていたが、画家の真意は、裂け目を開口部として、観る者にその奥の深淵を覗かせようというところにある。

2002年以降、プロヴァンスの自然豊かなロルグの地に居を構え、精力的に作品制作を続けている。
 
 
   Sitemap - Legal notice - Contact - Henri Baviera official website - Copyright APM/2016 - VIDEOS